2010年06月17日

横浜市磯子区での地デジ+BS施工例

このところ夏日が続いてアンテナ施工には厳しい季節がやってきました。屋根上の太陽は灼熱のごとく照り返し、屋根裏に至っては5分と居られないくらいのサウナ状態です。

とはいえ梅雨時期の貴重な晴れ間でもありますので、滴る汗をタオルで拭い、降り注ぐ太陽に向かってアンテナの利得調整を行ないます。

本日お伺いしたのは横浜市磯子区の入居前物件です。
以前はケーブルテレビで視聴されていたようですが、事前見積りでアンテナでのデジタル波受信に問題ないことは確認済みです。
2010.6.17a.jpg


弊社の無料見積りは電波測定も兼ねておりますので、実測値を元に最も適したアンテナの設置を提案します。つまり「建てたけど駄目でした」と言うことがありません。
この段階で「UAH800」などの平面アンテナやカイト型のアンテナ、デジタル用のUHFアンテナなどが受信環境によって選抜されます。
2010.6.17b.jpg

道路向かいの受信方向にあるマンションのペントハウスをぎりぎりでかわし、無事安定受信となりました。


横浜市磯子区での地デジアンテナ+BS工事    地デジマスター
posted by 地デジマスター at 22:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

青葉区でのアパート共聴アンテナ

同地敷地内に並んだ2棟のアパート共聴アンテナ施工例ですが、
老朽化したアナログ用アンテナからの建替えで、地デジに特化したデジタル用アンテナへの更新予定でしたが、急遽アナログ用のVHFアンテナも追加することになりました。

2010.4.29a.jpg

2011年7月のアナログ放送終了後にVHFアンテナを撤去すれば、地デジ用のコンパクトなUHFアンテナだけ残すことが出来ます。仮に放置したとしても弊害は特にありません。

世帯数の少ない側のアパート棟は共用電源がないので、ブースターに電源を供給するための共用電源を新たに東電に申請し、共用電源を設けました。

地上デジタル、地上アナログとも受信良好です。


青葉区アパート共聴アンテナ   地デジマスター
posted by 地デジマスター at 23:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

大和市西鶴間での地デジ+BSアンテナ施工例

前回に引き続き、地デジ用カイト型アンテナとBSデジタルのコンパクトな構成の施工例です。

新築ご新居の、屋根の破風頂上部にカイト型の地デジ用UHFアンテナとBSデジタル、UHF/BSデジタル対応ブースターを設置しました。
2010.4.30a.jpg


こういった施工には「受信環境が良好であること」が前提になりますので、全ての案件に対応できるわけではありませんが、選択肢の中に入ればかなりお薦めです。

:
:
:
:
:

続いては同じ「カイト型+BSデジタル」ですが、異なった施工例を。

都筑区のご新築物件で、こちらも受信環境に恵まれた高台に位置し、地デジBS共受信状況は良好でベランダ壁面にサイドベース×2で施工しています。
2010.4.10a.jpg


溶融亜鉛メッキ処理されたベース金具を用い、ネジ切り部はコーキングで処理し雨の浸水を防ぎます。
固定に使用するボルトも同様に処理されたコーチボルト、あるいはステンレスのビスを用いることで、数年後に起こりうる「サビの雨だれ」を未然に防ぐことができます。ビスの頭にもコーキングをのせておくのがコツです。
2010.4.10c.jpg


お引渡し日当日にアンテナ施工をさせていただきましたので、当然テレビも何もありません。
テレビも何も無い状態であっても、デジタルチェッカーで計測しながらアンテナを最適な位置で設置しますので、確実に『映る』状態でお引渡しすることができますのでご安心下さい。


大和市西鶴間でのアンテナ施工例 地デジマスター
posted by 地デジマスター at 18:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

都筑区で地デジ+BSアンテナ施工例


一見、なんの変哲もないBSアンテナ施工例ですが・・・
2010.5.1a.jpg















実は裏から見ると、カイト型の地デジアンテナが付いています。
2010.5.1b.jpg



こちらは5月初めに施工を行ったアンテナ工事案件ですが、
既存アンテナが老朽化のため建替えのご依頼を頂き、電波測定を行った結果受信環境も良好なことから、地の利を生かしたこのような提案をさせていただきました。

ブースター部もベランダ手すりに設置しましたので、直接風雨にさらされずに済みそうです。
2010.5.1c.jpg


地デジ対応のテレビの他アナログ用のテレビも2台お持ちですが、外付けの地デジチューナーで対応されるとのことですので、デジタルに特化したアンテナのみのコンパクトな構成で地デジに移行していただけます。

地デジ受信の指標となるMER(モジュレーションエラーレシオ:変調エラー率)も良好で、安心してお引渡することが出来ました。


posted by 地デジマスター at 14:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。