2010年10月12日

「7月24日アナログ放送終了」はホント?

「2011年7月24日までにアナログ放送が終了します」と、しきりに総務省が告知を行っていますが、『ー7月24日に』ではなく『ーまでに』というあやふやな表現を用いている理由について掘り下げてみましょう。

総務省の発表によると2011年7月24日正午をもって、地上波アナログ放送(BSアナログ含む)が終了する予定です。

発表通り終了になることを前提にすると、終了となる7月24日正午までは少なくともアナログの通常放送をギリギリまで視聴できると思いがちですが、「2011年7月24日までにー」とあやふやな表現を使っているのには大人の事情があります。

現段階での総務省のシナリオは、
2011年6月30日で地上アナログ放送の通常放送を終了
7月1日からの3週間は「移行期間」とされ、

プラン1:
通常放送の上にアナログ終了の告知メッセージを重ねて放送する

プラン2:
通常放送をやめてアナログ放送終了を告知する番組を流す

プラン3:
ブルーバック画面にアナログ放送終了のお知らせだけを表示する

上記3つのプランから各放送局は自らの判断でいずれかを選択し、7月24日の終了に備え、7月24日正午以降は全ての放送を中止する。(実際はNHKと日本民間放送連盟の判断になると思われます)

プラン1は通常放送は見れるものの、画面いっぱいのメッセージが優先されるためかろうじて内容が分かる程度になりそうです。・・・かなりストレスが溜まりそうですね。

プラン2と3は告知がメインの放送ですので、実質的に終了と同じです。7月24日以降は告知画面を含む全ての放送が中止され、砂嵐状態にー。
以後地上デジタル放送に完全移行する計画です。







が、
最近になり日本民間放送連盟会長が、
「50年間アナログ放送を見ていただいた方に最後まで通常放送を見ていただきたい」
と通常放送を続ける考えを表明し、当初のプランをひっくり返しました。

総務省通信局と民間放送連盟がどの様な判断を下すのかわかりませんが、いずれにせよ早めの対策が必要です。





アナログ放送終了の告知          地デジマスター






posted by 地デジマスター at 14:23| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。