2011年06月13日

浴室テレビの取り付け

ゆっくりとお風呂に浸かりながらぼんやりテレビを見る・・・一日の疲れも癒されますよね。
夏場だとシャワーだけで手早く済ますことが多いですが、やはりお湯に浸かると疲れがほぐれ、翌朝の目覚めも違うような気がします。

先日お伺いした施行案件は、ゆっくりお風呂を楽しめるようにと年配のお母様のために浴室テレビ設置をご依頼いただいた、上大岡のタワーマンションにある施主様宅です。
bus05.jpg


何も無いユニット壁面に、新たに浴室用のテレビを設置します。もちろん防水型です。
bus01.jpgbus02.jpg


付きました。水気が漏れないようにテレビの周りをきっちりコーキングで処理します。
bus03.jpg


完成です。
取り付けを行なったのは施主様がご用意されたノーリツの12V型浴室テレビですが、通常の浴室用テレビより画面が大きい分見ごたえがあります。
付属のリモコンが手元になくても、静電式タッチセンサースイッチで本体操作が可能です。
bus04.jpg


今回の施行例は、
分電盤とテレビ分配器が浴室ユニットの近くにあったので、新たに同軸ケーブルを分配して引き込み、電源を新たに設ける工事を浴室点検口から行いました。モニターとは別にあるチューナー本体は天井裏ですが、モニター部で全て操作可能です。テレビを見ながらゆったりと半身浴を楽しんでください。


浴室テレビ取り付け    地デジマスター
タグ:浴室テレビ
posted by 地デジマスター at 21:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

エリア限定なし!地デジ難視対策衛星放送の受付開始

当ブログでも何度か取り上げている「地デジ難視聴対策衛星放送」についてですが、ついに対象地域外でも期間限定で利用できるようになりました。

今までは総務省が難視聴であることを把握し、データを公表している「ホワイトリスト」に記載された地区に居住している方のみが【暫定的難視聴対策事業】の対象となっていたのですが、東北関東大震災の影響で被災された東北地方の地デジ化延期に伴い、急遽BS再送で地デジが見れるよう対策が施されました。

その流れか、はたまた当初より決まっていたのか定かではありませんが、”アンテナ工事の遅れ等のやむを得ない事情で、デジタル化が未対応の世帯等について、地デジ難視対策衛星放送を一時的に利用できるよう”地域を限定せず利用開放したようです。

その受け付けが本日6月1日より開始になりました。
※受付は7月31日までですので、申請はお早めに!

▼有効期間は半年間
▼BSアンテナ/BSチューナー、それらに伴う工事は自己負担
※ホワイトリスト対象地域は従来通りBSアンテナ/BSチューナー無償、2015年まで利用可。


これがスカイツリー移行まで”つなぎ”で利用できればいいですね。
まして時期がずれ込む桜木町中継局開局まで利用できれば、地デジ化に伴う様々な(先送りにしている)問題を回避できると思うのですが・・・。

-----備考
※注:桜木町デジタル中継局(仮称)から「みなとみらい」デジタル中継局に正式決定したようです。


総務省:地デジ難視対策衛星放送の「一時利用」の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu10_01000012.html






関連する当ブログ記事
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

2010年2月7日記述≫BSによる地デジ再送信開始
http://blog.chideji-master.com/article/140486376.html

2011年3月31日記述≫地デジ難視聴対策としての衛星放送
http://blog.chideji-master.com/article/193525581.html




難視聴対策衛星について       地デジマスターhttp://www.chdeji-master.com
posted by 地デジマスター at 18:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。