2009年01月21日

「テレビが映らなくなります」には要注意

視聴障害地区の共同アンテナでアナログ放送を受信しているご家庭に「デジタル放送受信端末切り替え工事のお知らせ」という封書が届いたという話を耳にしました。

さっそく中を見てみると「受信端末切り替え費用として一律29.800円を負担していただきますので、期日までに振り込んでください」と事務的に書かれた手紙と振込み案内が同封されていたということです。

ご想像のとおり当然そういった事実はなく、地デジを利用した架空請求だったようですが、お年寄りにとってはたまったものではありません。

アンテナの点検と称して屋根に上り、実際は屋根張替え工事の勧誘にあったり、「ケーブルTVに加入しないとテレビが見れなくなる」と強引な居座り訪問販売にあったり、この手の話は枚挙に暇がありません。



おかしいな、本当かな?と思ったら結論を急がないで下さい。
そして誰かに意見を求めてください。



そんなこと恥ずかしくて誰にも聞けない・・とお考えなら
消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
に電話をしてみてください。

話すだけでも救われることってありますから。




.
posted by 地デジマスター at 22:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。