2009年02月08日

ケーブルとアンテナ、どっちが綺麗?

ケーブルテレビからの切り替えで地デジアンテナとBSデジタルをご希望の方からお見積もりのご依頼がありました。

受信環境の詳細を伺っていると「アンテナより映りがいいからケーブルテレビ契約していたんだけど、毎月の受信料がねぇ・・・」という話をいただいて、なるほどなと合点がいきました。

なるほどなと思ったのは受信料のくだりではなく、ケーブルTVの方が映りがいいとお考えの点です。うすうす感じてはいたのですが、一般的に映像のクオリティは「ケーブルTV>アンテナ受信」だと皆さんも漠然とお考えなのではないでしょうか?

アナログ放送での受信環境だとありえる話ですが、デジタル環境だと成立しなくなるロジックの良例です。




ご存知のようにデジタルは不連続な0か1の二進法で表現されます。

そこには0.5という概念がないので、中間がないと解釈されます。「中間がない」=「映りがあまり良くないあいまいな状態」が存在しないということは、つまり「綺麗に写る」か「まったく映らない」のどちらかしかないということです。スイッチと一緒ですね。

結論を言わせていただきますと、ケーブルテレビとアンテナ受信での視聴クオリティに差異はありません

クオリティという付加価値にお金を払っているわけではない、と再認識していただかなくてはなりません。



デジタル対応TVに映った画像が現在考えうる最高の画像で、地デジの画質に松竹梅はありません。

ケーブルTVのデジタルSTBからD4端子でデジタルテレビに接続されている状態の画質がケーブルテレビ本来の画像です。

また同じように地デジアンテナから壁面TV端子を介して接続された画質も16:9のハイビジョン画像であり、応機器があればHD画質のまま録画することもできます。

ケーブルテレビから切り替えをお考えの方の疑念が少しでも晴れればと記述させていただきました。





そんな今日この頃ですが、一年の中で生活がガラッと変わる機会の多いこの時期に、多少なりとも皆様に感謝の気持ちを還元させていただきたいと思いまして春のキャンペーンを開催しております。

「地デジ+BSアンテナ工事バリューセット」を3月末日まで期間限定で提供させていただいておりますので、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧下さい。





地デジ+BSアンテナ工事バリューセット 地デジマスター
posted by 地デジマスター at 03:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。