2009年07月18日

アナログ VS 地デジ 解像度の違いは?

「地デジはきれい」とか「感動体感ハイビジョン」とか
地上デジタルの画質を賞賛するキャッチコピーが巷に溢れている昨今ですが、実際どれだけの違いがあるのかご存知ですか?

まず、HD(デジタル)とDVD(アナログ)の違いを比較しているサイトをご紹介します。

Fellowship of the Ring - HD vs DVD

映画「ロード・オブ・ザ・リング」の画像を例にHDとDVDを比較していますが、マウスカーソルをのせるとフルHD画質(いわゆるフルハイビジョン)、外すとSD画質(DVDの通常画質)を見比べることができます。


アナログ放送(SD画質) 640×480 30万画素
DVD    (SD画質) 720×480 35万画素
地デジ放送 (HD画質)1440×1080 156万画素
フルHD放送(フルHD画質)1920×1080 207万画素


アナログのSD画質とフルHDのフルハイ画質とでは数値上およそ7倍近くもの差異があります。
この「フルHD(通称フルハイ)」とは具体的に何か?といいますと、
ブルーレイやBSデジタルの画質がフルHD規格になります。

BSデジタルが綺麗なのはフルHDで放送されているからなんですね。

NHK-hの旅番組を視聴すると、お茶の間に居ながらあたかも現地でその風景を見ているようなリアルな錯覚に陥ります。

ただし、全てのフルHDが美しいわけではありません。
あくまでソフトを再現するハードウェアであるTVの性能に依存します。
これからデジタルTVをお買い求めになる予定の方は、CMやブランドイメージに左右されず、店頭でじっくりと見比べてください。必ず違いがわかりますから。

画質うんぬんより利便性が優先、という方はリモコンの使いやすさで選ぶといいかも知れません。
チャンネルレスポンスは案外重要ですよ。




地デジアンテナ工事 : 地デジマスター
posted by 地デジマスター at 00:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。