2009年11月14日

地デジマスター通信 

この仕事をしていて良かったと思うことが3つあります。


まず、「ありがとう」を言ってもらえる仕事であること。

お客様と直接接する機会が多いせいもありますが、少なからず人の役に立っていることが実感できる瞬間です。

アンテナ工事はお客様のプライベートな空間にお邪魔しての作業になりますので、細心の注意を払っているのですが、「ありがとう」がその緊張を解き放してくれます。


それから、多くの経験とやりがいをもたらしてくれること。

ご存知の通りアンテナはその場所・環境・用途によって幾つもの組み合わせがあります。
お客様のお宅一軒ごとに最適な設置場所を測定値から導き出し、要望を承りながらアンテナを選択し、時には高く、時には垂直に受信方位を調整し、セッティングを行います。

アンテナはオーバースペックでもロースペックでもダメです。
受信住環境とデジタルチェッカーの数値から、最適な機材をチョイスする選択眼は経験からしか得ることができません。

弊社の技術者は30代40代が中心の経験豊富な逸材揃いですが、日々の経験から得られる引き出しの中身(スキル)は決して一杯になることはありません。「毎日が勉強」というのもおこがましいですが、日々の積み重ねが臨機応変に対応できる柔軟さと自信につながっていきます。


そして3番目はお金です。

「好きなことをして感謝され、報酬を得ることができる」

こうして文章にしてみると・・・なんだか幸せな気分になってきます。

「感謝」を翻訳すると「Thanks」だって知ってました?
非常にシンプルでありふれた言葉である分軽視しがちですが、感謝を持たないものに感謝は巡って来ません。

今日も皆さんに感謝しつつ、明日も頑張ります!


chidemas005.jpg





地デジアンテナ工事の地デジマスター
ラベル:感謝
posted by 地デジマスター at 16:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。