2009年12月11日

神奈川区でパラスタックアンテナ

今回はパラスタックと呼ばれるアンテナを設置した施行例です。

神奈川区栗田谷での工事でしたが、近隣はみな一様にランドマークの反射波を拾う設定をしているようです。

設置予定のお客様宅は運よく東京タワーからダイレクトに受信できそうなので、まず通常通り仮設置してみたところ、何チャンネルかのMER数値が思わしくありません。

環境の変化に影響を受けやすい反射波を取るより、規定数値を得ることができれば東京タワーからの地デジ波を受信する方がリスクを回避できるので、通常使用することが少ないパラスタックアンテナを使用し、高さを3.6mに設定してみました。

11.16.001.jpg



今回使用したアンテナは特定の周波数帯域に特化したアンテナですので、使い方次第で効力を発揮することも、受信バランスを損なうこともあります。通常使用のUHFアンテナと比べ、大きく重く威圧的ですらありますので、設置の仕方や支線補強にも注意が必要です。

11.16.002.jpg

3支点×4方向の12点張りで支線補強を行います。

11.16.003.jpg


予想通りエラーフリーとなり、「地デジ+BSキャンペーンセット」のBSと共にブースターを通して安定受信となりました。









神奈川区でのアンテナ工事     地デジマスター
ラベル:パラスタック
posted by 地デジマスター at 15:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。