2010年01月25日

地デジマスターのここが違う!〈混合器と分配器+分波器編〉

今回は、混合器と分配器+分波器について。

何となくイメージは出来るけど、本当はよくわからないまま使っている・・・という方は多いと思います。

特に間違いやすいのが分配器と分波器です。この二つは名称が似ているので混同しがちですが、まったく異なる用途に使用しますので注意が必要になります。

1:混合器は混合するもの
VとU、あるいはUHFとBSを混合する場合などに使用します。

2:分配器は分配するもの
同軸ケーブルを2箇所以上に分ける場合に使用します。

3:分波器は分波するもの
混合された電波を(例えば混合器で混合されたUHFとBSを)分ける時に使用します。

4:分岐器は、幹線から分岐を行う場合に使用します。主にマンションなどの共聴視聴設備に用い、一般戸建て住居で使用するケースは稀です。

一般の方が使用する頻度が高いのは下から、
分波器 > 分配器 >>>>> 混合器(分岐器は対象外)の順になります。

BS分波器(セパレーター)と呼ばれるものは「BS(衛星)」と「UHF(デジタル)/VHF(アナログ)」の異なる周波数帯を分けて取り出す部品ですので、壁面のテレビ端子から同軸ケーブルを経てテレビに接続する場合のテレビ側に使用します。

上記のような「BSと地デジ(地アナ)」を分ける用途で、本来分波器を用いるところに『分配器』を使用されている方がいたら、それは誤まった使用方法ということになります。
その違いは電波損失量にあります。

分波器は周波数を分けるために使用する部品ですので、電波損失は微小です。分配器は電波を均等分配するので、電波減衰は避けられません。

下記の表はDXアンテナの承認図から抜粋した分配器と分波器の損失数値を示したものです。


2DAL1005.jpg

2分配器での、地デジで使用する470〜770MHz帯域分配損失は
4.0dBとなっています。
ちなみに110度CSで使用する2150MHzまでの分配損失は5.5dBで、周波数が高くなるにつれ減衰量が増します。

2DAL1b.jpg


上記条件で分波器をみてみると、470〜770MHzの通過帯域損失が1.5dB、2150MHzまでの損失は2.5dBと表記されています。
分配損失と比較すると半分以下ですね。


SPR-10-B2.jpg
SPR-10-B2b.jpg


たった2〜3dBの損失差異と思われるかも知れませんが、ここがボーダーラインの向こうとこっちだったりします。実際1〜2dBの差異で特定チャンネルが受信できないケースもあります。

これに同軸ケーブル(S-5CFB)を10m使用する場合の損失1.9dB、壁面の直列ユニット(中間2端子型)の挿入損失1.8dB、結合損失14.5dB、末端コンセントプラグ0.4dBの損失をプラスすると、

2分配器で4.0dB
分波器で1.5dB
同軸ケーブルで1.9dB
テレビ端子で1.8dB
結合損失で14.5dB
プラグで0.4dB
-----------------
合計24.1dBの電波損失がある計算になります。
(※メーカー承認図での数値を基に算出)

実際使用されているのは4分配器や6分配器が多いので、2分配器(4.0dB)を4分配器(7.7dB)で換算すると、プラス3.7dB加算され、実際のエネルギー損失などを考慮すると28dB以上の伝送減衰が発生していることになります。

ARIB (社団法人:電波産業会)が基準とする、地上デジタルを受信する場合のテレビ(チューナ)入力レベル推奨値は最低34dBμvです。そこにフェージングマージン(補正値9dB)、干渉マージン(3dB)を加えた46dBμvに、上記の伝送損失値28dBをプラスすると、アンテナ直下での受信レベルが74dBμv(※)必要であることがわかります。

※直列ユニットでの結合損失値が考慮されていなかったので、数値を訂正しました。


・・・長くなりましたので、以下次回に続く。

地デジマスター
posted by 地デジマスター at 03:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジマスターのここが違う! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。