2011年02月14日

戸塚区品濃町での地デジ+BSアンテナ工事

先日お伺いした横浜市戸塚区品濃町での「地デジ+BSデジタルアンテナ」新設施行案件の写真です。
BSアンテナの上にちょこんと見えるのがカイト形の地デジ受信用アンテナになります。

d2010年2月 007.jpg

まさか、アナログ受信でさえ難しかった品濃町でこんなコンパクトなアンテナで地デジが受信できるとは・・・戸塚中継局が開局しなければ到底考えられないことでした。

元々戸塚中継局は「横浜泉中継局」の名称で、神奈川初のデジタル単独中継局として横浜市泉区に開局を予定しておりました。

泉区で中継局と言えば地元の方ならピンと来るのが『深谷通信所』です。てっきり広大な敷地の一角に「横浜泉中継局」としてテレビ電波塔が建設されるのかと思いきや、いつの間にか「戸塚中継局」と名前を変え、開局時期も”2010年度中”とアバウトで場所も確定しないまま月日が流れていきました。

川上町付近に建設が予定されているとの情報が聞こえてきたのは2010年の初秋でした。結局秋葉町に建設が進められ、予定通り無事戸塚中継局が開局し現在に至ります。

何はともあれ東戸塚近辺、特に川上町から品濃町にかけて東京タワーからみた地形が「谷側」になっているアンテナでの難視聴地区に地デジが安定供給されるのは喜ばしいことです。

屋根上へのアンテナ設置を極力避けたい施主様のご意向がありましたので、今回軒下にBSアンテナと共に地デジ用アンテナを設置し、U/BSブースター混合する工事内容になっています。

将来戸塚中継局受信方向にマンションが建つ可能性があるとの話を伺いましたが、受信環境の変化で安定受信が難しいようであれば、(対象となる建て主側が何らかの対策を設けるとは思いますが・・)その頃にはスカイツリーにデジタル中継局が移行しておりますので屋根上にアンテナを建立することで対応可能です。

aPC050015.JPG

施主様に写真を送っていただいたので「その雄姿」を掲載させていただきました。外観を損なわないそのコンパクトさが気に入っていただけて、担当者も喜んでおります。
今回は誠にありがとうございました。お気遣いに感謝致します。


戸塚区品濃町 地デジアンテナ工事 地デジマスター
ラベル:戸塚中継局
posted by 地デジマスター at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。