2010年04月16日

川崎市幸区でのカイト型アンテナ施工例

こちらの施工案件は、障害用のアナログがケーブルで供給されている地区で、地デジに対応するには新たにアンテナを新設する必要がありました。

テレビは全てデジタル対応とのことなので、アンテナで地デジが受信できれば障害用のアナログを混合する必要はなくなります。
2010.3.16c.jpg

破風にカイト型地デジアンテナをサイドベースでコンパクトに設置しました。同軸ケーブルを目立たぬよう固定し、壁面の保安器部まで引き回します。
2010.3.16d.jpg

今回のケースではアンテナ直下での受信レベルも品質も良好で、末端での電波減衰も安定受信を保持できる数値をキープしていたので、ブースターは使用しません。


なにがしかの障害によるケーブル(あるいは共同アンテナ)が供給されている地区のデジタル化が推進されていますが、供給元がデジタルには対応しないとの見解を示しているケースが多く、急遽期限までにアンテナを建てるか否か決断しなくてはならないとの相談を多く頂戴しますが、その場合「アンテナで本当に受信できるのかどうか?」が最優先事項となります。

「こんな内容の施工だといくらになるのか?」との連絡をいただいて話をうかがってみると、既にアンテナをご自分で購入されていたり、ケーブルテレビの解約手続きを進めているケースもあり、驚かされることがあります。

なかには受信方位に障害となる建物があり、アンテナでの受信が困難な場合も多々ありますので、まず、ケーブルテレビを解約する前にアンテナで受信出来るかどうか?を見極める必要があります。

弊社では中継局から該当地までの緯度経度、地形断面図と独自のデータベースを活用し、受信状況をお調べしています。

アンテナ工事を考えているけど、ちゃんと映るのか心配・・・
と危惧されている方は、お気軽にお問い合わせください。


川崎市幸区での地デジアンテナ工事  地デジマスター
posted by 地デジマスター at 17:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

茅ヶ崎市での地デジアンテナ施工例

こちらのアンテナ工事を担当させて頂いた物件は、
建築中から施主様とハウスメーカーを含め打ち合わせを行ってきたご新築案件で、引越し当日のアンテナ設置となりました。

暗雲立ちこめる怪しい雲行きでしたが、なんとか雨がパラつく前に施工を完了できて一安心です。
2010.3.16b.jpg

屋根の上での作業になりますので、どうしてもアンテナ工事は天候に左右されます。引越し当日のアンテナ工事は、そういったリスクも伴いますので気が休まりません。

一日中引越しで右往左往してきたご新居でのほっと一息つく夕食時間にテレビのひとつも見れないじゃ申し訳がないので、毎回祈る気持ちで朝の天気予報を確認します。



ロケーションがいいので、平塚中継局からのデジタル波もブースターなしで安定受信出来ています。
MERも26以上で安心してお引き渡しすることができました。
2010.3.16a.jpg



茅ヶ崎での地デジアンテナ工事    地デジマスター
posted by 地デジマスター at 02:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

川崎区でアクオス壁掛け施工例

こちらのテレビ壁掛け工事はシステム家具が組み込まれた新築案件です。

ご覧の通りテレビを掛けてしまうとあとから配線を行うのが困難になるので、事前にHDMIケーブルや、必要に応じてコンポジット、光デジタルケーブルなどを接続しておきます。

HDMIケーブルも以前と比べ廉価な商品もありますので、必要なくとも予備として余分に配線しておくとデジタル機器が増えた時に接続が容易になります。壁掛け金具の上に載っているのは、間接照明です。
2010.3.18a.jpg


頑張ればひとりでも作業はできますが、こういった作業は頑張ってやり抜く種類のものではありませんので、確実に作業を行うため2人で施工を行います。


壁掛け設置用のシステム家具ですので、収まりがいいですね。
ちなみにテレビはLEDアクオスの40インチになります。
2010.3.18b.jpg

夜になるとこんな感じにテレビの背面から優しく灯りが照らし出されます。映画を観るにも邪魔にならない明るさですね。

テレビ上部中央に載っているのは、wiiのリモコン受光部です。
2010.3.18c.jpg

テレビ、レコーダーのチャンネル設定を行い、それぞれの動作を確認していただいて作業終了です。
ありがとうございました。


テレビ壁掛け  地デジマスター

posted by 地デジマスター at 02:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

青葉区でのカイト型地デジアンテナ施工例

こちらの案件は先月3月に施工をさせていただいた新築物件です。
青葉区の閑静な高級住宅地で、受信の障害になるような地形の起伏も、高層階のマンションもない住環境でしたので、カイト型のアンテナを提案させていただきました。
2010.3.17c.jpg


2階ベランダ脇の目立たない位置に極力低めに設置し、裏面(正面)からみるとアンテナはまったく見えません。

この状態で通常のUHFアンテナをつけることも、UAH800をつけることもできますが、アンテナの利得と外観上のバランスを考慮した結果、カイト型を提案するに至りました。
2010.3.17a.jpg

こうしてみると、BSアンテナの「おまけ」みたいに見えますね。
地デジ+BSキャンペーン工事、UHF/BSブースター混合で構築しています。


青葉区でのカイト型地デジアンテナ    地デジマスター
posted by 地デジマスター at 13:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

都筑区でのUAH800施工例

地デジマスターblogに訪れる方の検索ワード上位に、
UAH800」という語句があります。

考えてみると「UAH800」というのはアンテナのイチ品番なわけで、テレビやデジカメなど人気商品の品番と違い、コアなアンテナの品番で検索する一般の方の”情報を求める探究心”には頭が下がる思いです。

そういったわけで、「UAH800を設置したい!」という需要にお答えするため、実際に設置するとどんな感じに収まるのか、UAH800の施工例を参考にしていただければ幸いです。


先日施工させて頂いた都筑区での「UAH800」設置外観ですが、
どこかわかりますか?

「ほら、あそこっ!」
と指で示しても
「えっ?どれ?」
という感じじゃないでしょうか?
UAH800-BS1.jpg


片流れでシャープなデザインの家なので、スクエアなUAH800がよく似合います。窓の高さに合わせ、統一感を出しています。
UAH800-BS5.jpg
よく見ると分かりますが、若干アンテナに角度がついています。
これ以上角度が鋭角になると外観上のバランスが崩れるので、ぎりぎり許容範囲で収まって一安心です。

これ以上アンテナが(方向調整のため)"起き上がる"のであれば、カイト型をご提案しようと思っていましたが、
施主様の第一希望がUAH800でしたので、意に沿うかたちで施工ができて大変喜んでいただけました。


BSも無駄に存在をアピールしないよう低めに設置し、混合させています。
UAH800-BS6.jpg
ブースターは目立たぬよう屋内設置としました。

ご覧いただいたように高台に位置し、受信方向に障害物がないことが設置の条件になります。
UAH800の設置をご希望される方は、その点ご留意いただきご検討下さい。


横浜市都筑区でのUAH800取り付け例     地デジマスター
posted by 地デジマスター at 15:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

アナログも16対9へ

ご存知の様に、
アナログ放送の画面縦横比率は4対3で、
デジタル放送の画面縦横比率は16対9とワイド画面になりますが、

今春から始まるNHK、民放各社の春番組からアナログ放送でもデジタルに合わせた16対9サイズの番組放送プログラムが増えるようです。

いままでデジタルのワイド画面の両端をカットされた状態で放送されていたアナログですが、今後はデジタル同様の本来表示されるべき画面構成で視聴することが出来るようになります。

・・・出来るようになるのですが、
そのかわりレターボックス(上下に黒帯が入る)化され、結果従来と比べ全体的に縮小されたような画面になります。

日本テレビ総務局 総合広報部発表のプレスリリース
http://www.ntv.co.jp/info/news/546.html



【 メリット 】
・デジタル同様のフルサイズ画面の映像を視聴できる

【 デメリット 】
・画面が小さく感じる

そして、アナログのレターボックス化が本格化するということは、
「アナログ終了テロップ」が常時表示されることを示唆します。


昨年2月の地デジマスターblog記事
http://blog.chideji-master.com/article/112419940.html
をご覧いただけると、イメージがつきやすいと思います。

いよいよアナログテレビの肩身が狭い・・というか、
肩身を狭める囲い込みが始まりつつありますね。



地デジアンテナ工事の地デジマスター

posted by 地デジマスター at 15:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

地デジアンテナセット無料貸出

総務省がおこなっている「テレビ受信者支援センター」での支援サービスの一環として、東京・埼玉・千葉・神奈川にお住まいの方へ「地デジアンテナ+地デジチューナーのセット」を無料で貸し出すサービスがご利用いただけるようになりました。

このサービスは、ご自分でアンテナの設置を検討している、またはその下準備として受信できるかどうか事前にチェックしたい方にとっては非常に有益です。

『地デジ専用アンテナキット』の内容は、

地デジ専用アンテナ(室内/ベランダ設置用)と地デジチューナー、設置に必要とされるであろう同軸ケーブルや
中継コネクター、テーブルタップまで同梱されています。

地デジアンテナはアンテナメーカー各社の室内/ベランダ設置用アンテナ4種類から、任意に選択できるようですが、基本的には強電界地区用のアンテナになります。

借用期間は1週間となりますので、その間にチューナーとアンテナを同梱されている同軸ケーブルで繋ぎ、窓やベランダから受信方向に向けて視聴状況を検証しましょう。

詳しくはデジサポ アンテナキット無料貸出
http://digisuppo.jp/antenna_kit/index.html をご覧下さい。

お申し込みは上記ホームページや家電量販店などの申込用紙に記入の上、必要書類を添付しFAXか郵送します。


chideji-kit2.jpg
posted by 地デジマスター at 15:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

BSによる地デジ再送信開始

来月3月より『衛星放送での地デジ再送信』が開始される旨、総務省より発表がありました。

当ブログでも以前取り上げましたが、神奈川に於ける”アンテナでの受信が困難”な難視聴地区の75%超を抱える鎌倉市の一部(1283世帯)も対象地区に含まれています。

地デジ難視聴対策衛星放送』による地デジの再送信で何が変わるのかといいますと、

1:今まで地デジが受信困難な場所でもBSで受信できるようになる
2:BSアンテナが無くても、基本的に無料で視聴できる
  ※BSアンテナ×1 BSデジタルチューナー無料貸出、施工費無料
3:既存のBSアンテナを利用して受信も出来る(3台まで)
4:賃貸マンション/アパートであっても個別対応可能
5:アナログテレビのまま、地デジに対応できる

ただし、対象地区に限定された対策ですので、リスト外の受信障害(ビル陰など障害物による弊害)は除外されます。対象地区は現時点では「暫定的」とのことですので、状況により対象地区が増えることが示唆されます。
ホワイトリスト(対象地区リスト)は随時更新されます。
総務省ホワイトリスト


◎留意すべき注意点

・視聴には申請が必要
・2010年3月から2015年3月末までの期間限定
・スカイツリーや新たな中継局から地デジが送信開始され、UHFアンテナによる受信が可能と判断されればスクランブル(視聴制御)がかかる
・画質がHDではなくSDである
・EPG(電子番組表)は利用できるが、データ放送や双方向サービスは利用不可
・受信できるのは一世帯あたり3台まで(B-CASカードで認識させる)
・現時点で、NHK受信料が地上契約料金(¥1.345)なのか、衛星契約(¥2.290)になるのか未定

それでも難視聴地区に居住されている方にとっては朗報に違いありません。
下記に対象となる地区を掲載します。
詳しくは社団法人デジタル放送推進協会 地デジ難視対策衛星放送について
http://www.dpa.or.jp/safetynet/index.html
受付センター電話番号 0570-08-2200 
へお問い合わせください。


▼平成22年1月29日時点での神奈川県対象地区

横須賀市池上2丁目
   〃  3丁目
   〃  4丁目
   〃  5丁目 
横須賀市金谷1丁目
   〃  3丁目
横須賀市平作1丁目
   〃  3丁目
   〃  4丁目
   〃  5丁目
   〃  6丁目
   〃  7丁目
   〃  8丁目
横須賀市阿部倉
鎌倉市岩瀬
鎌倉市岩瀬1丁目
   〃大船
   〃大船6丁目
   〃台
   〃山ノ内
相模原市津久井町青根
   〃津久井町青野原
   〃藤野町佐野川
   〃藤野町澤井
   〃藤野町名倉
   〃藤野町牧野
   〃藤野町吉野

上記住所に住民登録している方が対象となります。

BSデジタルを受信できる設備がなく、アンテナもチューナーもない方でも国からの支援で無料で一世帯あたりBSアンテナ×1 BSチューナー×1を無料で借受けることができます。
アンテナ設置にかかる費用も無料で行いますので、地デジに対応するための設備費用を極力抑えたい方にも安心です。

対象地区にお住まいの方へは総務省からの委託を受けた担当者が個別に訪問致しますので、名刺をよく確認し、おかしいなと思ったらすぐ対策室にご連絡してください。
050-08-2200
045-345-0522 いずれも年中無休9:00〜18:00

地デジ難視聴対策衛星放送は、国からの補助金と放送事業者の負担金で運営されていますので、工事料金を要求したり、販売したり、請求書を送付したりは致しません。
どさくさに紛れた詐欺には十分にご注意下さい。


ちなみに、東京タワーからの地デジ波を再送しますので、受信できるのはNHKと在京キー局の計7局になります。神奈川ローカルのTVKは残念ながら視聴できません。

BS-291ch:NHK総合
BS-292ch:NHK教育
BS-294ch:日テレ
BS-295ch:テレ朝
BS-296ch:TBS
BS-297ch:テレ東
BS-298ch:フジTV



地デジ難視聴対策衛星放送       地デジマスター
posted by 地デジマスター at 15:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月限定クーポン券

2月の限定クーポンは「分波器無料プレゼント」券を提供させていただいております。

地デジ+BSキャンペーン工事を施工された方に限り、クーポンと引き換えに分波器が無料になるチケットです。
分波器とは、地デジとBSを混合させた場合、テレビ接続時に「地デジ」と「BS/110度CS」を分ける接続端子のことで、テレビやレコーダー毎に必要になる部品です。

2月末日までの施工に限らせていただいておりますので、
弊社通常価格¥3.150-の商品が無料になるこの機会に是非ご利用下さい。

※他のクーポン券や割引き特典との兼用併用はできません。


coupon_sample.gif
地デジマスター/クーポン券ページを見る









地デジアンテナ工事クーポン       地デジマスター


ラベル:クーポン券
posted by 地デジマスター at 15:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

地デジマスターのここが違う!〈混合器と分配器+分波器編〉

今回は、混合器と分配器+分波器について。

何となくイメージは出来るけど、本当はよくわからないまま使っている・・・という方は多いと思います。

特に間違いやすいのが分配器と分波器です。この二つは名称が似ているので混同しがちですが、まったく異なる用途に使用しますので注意が必要になります。

1:混合器は混合するもの
VとU、あるいはUHFとBSを混合する場合などに使用します。

2:分配器は分配するもの
同軸ケーブルを2箇所以上に分ける場合に使用します。

3:分波器は分波するもの
混合された電波を(例えば混合器で混合されたUHFとBSを)分ける時に使用します。

4:分岐器は、幹線から分岐を行う場合に使用します。主にマンションなどの共聴視聴設備に用い、一般戸建て住居で使用するケースは稀です。

一般の方が使用する頻度が高いのは下から、
分波器 > 分配器 >>>>> 混合器(分岐器は対象外)の順になります。

BS分波器(セパレーター)と呼ばれるものは「BS(衛星)」と「UHF(デジタル)/VHF(アナログ)」の異なる周波数帯を分けて取り出す部品ですので、壁面のテレビ端子から同軸ケーブルを経てテレビに接続する場合のテレビ側に使用します。

上記のような「BSと地デジ(地アナ)」を分ける用途で、本来分波器を用いるところに『分配器』を使用されている方がいたら、それは誤まった使用方法ということになります。
その違いは電波損失量にあります。

分波器は周波数を分けるために使用する部品ですので、電波損失は微小です。分配器は電波を均等分配するので、電波減衰は避けられません。

下記の表はDXアンテナの承認図から抜粋した分配器と分波器の損失数値を示したものです。


2DAL1005.jpg

2分配器での、地デジで使用する470〜770MHz帯域分配損失は
4.0dBとなっています。
ちなみに110度CSで使用する2150MHzまでの分配損失は5.5dBで、周波数が高くなるにつれ減衰量が増します。

2DAL1b.jpg


上記条件で分波器をみてみると、470〜770MHzの通過帯域損失が1.5dB、2150MHzまでの損失は2.5dBと表記されています。
分配損失と比較すると半分以下ですね。


SPR-10-B2.jpg
SPR-10-B2b.jpg


たった2〜3dBの損失差異と思われるかも知れませんが、ここがボーダーラインの向こうとこっちだったりします。実際1〜2dBの差異で特定チャンネルが受信できないケースもあります。

これに同軸ケーブル(S-5CFB)を10m使用する場合の損失1.9dB、壁面の直列ユニット(中間2端子型)の挿入損失1.8dB、結合損失14.5dB、末端コンセントプラグ0.4dBの損失をプラスすると、

2分配器で4.0dB
分波器で1.5dB
同軸ケーブルで1.9dB
テレビ端子で1.8dB
結合損失で14.5dB
プラグで0.4dB
-----------------
合計24.1dBの電波損失がある計算になります。
(※メーカー承認図での数値を基に算出)

実際使用されているのは4分配器や6分配器が多いので、2分配器(4.0dB)を4分配器(7.7dB)で換算すると、プラス3.7dB加算され、実際のエネルギー損失などを考慮すると28dB以上の伝送減衰が発生していることになります。

ARIB (社団法人:電波産業会)が基準とする、地上デジタルを受信する場合のテレビ(チューナ)入力レベル推奨値は最低34dBμvです。そこにフェージングマージン(補正値9dB)、干渉マージン(3dB)を加えた46dBμvに、上記の伝送損失値28dBをプラスすると、アンテナ直下での受信レベルが74dBμv(※)必要であることがわかります。

※直列ユニットでの結合損失値が考慮されていなかったので、数値を訂正しました。


・・・長くなりましたので、以下次回に続く。

地デジマスター
posted by 地デジマスター at 03:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジマスターのここが違う! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。