2010年01月04日

お年玉割引きクーポン券

早速ですが、新春お年玉割り引きクーポン券を発表致します。

地デジマスター インターネット特典!
3,000円の割引クーポン券がご利用いただけます。
(但し、工事合計金額が20,000円以上の場合に限らせていただきます。)

1月末日までの限定お年玉割引きクーポンですので、ぜひぜひご利用下さい。

弊社でご予約を承る際、メールか電話でアポイントを取らせていただいておりますが、クーポンをご利用になる場合は、事前に「クーポンご利用の有無」を担当者にお伝え下さい。

また、工事完了後の集金時、クーポン券と引き換えに適用いたしますので、クーポン券をプリントアウトしてお手元にお持ち下さい。

click03.gif地デジマスター:割引きクーポン券はこちら




地デジマスター割引きクーポン券      chideji-master.com
posted by 地デジマスター at 01:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

新年明けましておめでとうございます。

本年も地デジアンテナ工事の地デジマスター

どうぞよろしくお願い致します。







1月4日(月)より通常営業しておりますので、

川崎:044-589-5123
横浜:045-349-6119

上記サポート窓口でご相談/ご予約を承ります。



メールでのお問い合わせ/ご予約は、
地デジマスター:メールフォーム


弊社ウェブサイトのメールフォームは、
【https】で始まる128bitSSL通信により、
個人情報データを暗号化して送信していますので
安心してご利用下さい。



posted by 地デジマスター at 16:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

高津区での共同アンテナ地デジ対応工事

あるマンションの敷地内に建てられた近隣向けのアナログ用共同アンテナ自立柱に、地デジ用のUHFアンテナを追加施工する工事を担当させていただきました。

登って・・・
hill001.jpg

また登って
hill002.jpg


たどり着いた先は・・・こんな場所です。
hill003.jpg


命綱に全てをゆだねた状態でアンテナ設置。
hill005.jpg


これで共同アンテナで視聴されている近隣の方々に、従来からのアナログと共に地デジが供給できるようになります。年内に間に合って良かった!
アナログはゴーストが出ていましたが、地デジはばっちりです。


完成です。変に力が入ったせいか筋肉痛で首が廻らなくなりました。
hill009.jpg





共同アンテナに地デジを追加   地デジマスター
posted by 地デジマスター at 04:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

地デジマスターのここが違う!〈屋根馬編〉

前回に引き続き、地デジマスターの基本工事に含まれる(使用される)アンテナ部材の紹介です。

今回は「屋根馬」と呼ばれるアンテナ架台を取り上げてみたいと思います。屋根馬とは、アンテナを屋根上に設置する際マスト(アンテナ支柱)を足元で支える金具を指します。

アンテナ本体にばかり目が行きがちですが、アンテナとして建立されるために一番重要なのが、その保持強度の礎となる屋根馬ではないかと思います。

アンテナ倒壊、あるいはアンテナが傾く原因を考えるとき、屋根馬の経年劣化と支線の保持強度が命題となりますが、このリスクは案外簡単に回避することができます。

それは想像力を働かせることです。

我々は日頃数多くの施工現場に立会い、様々な劣化したアンテナを眼にする機会が多いので、新設したアンテナの10年後、20年後の姿を容易に想像することができます。

なぜテープが剥離するのか、なぜインシュロック(結束バンド)が切れるのか、どの部分に負荷がかかり、どの部分がサビやすいのか、その原因から対処法を導き出すための想像力を働かせます。


下記の写真は弊社が昨年行ったアンテナの建て替え工事案件で、処分したアンテナの屋根馬部です。
yaneuma005.jpg

既に原型を留めていません
yaneuma002.jpg


これらは経年劣化の症状が如実に現れた極端な一例ですが、我々施工従事者が教訓として学ばなくてはならないのは、過年数を経た廉価な屋根馬の行く末はこのような状態になる、という事実です。

こういった経年劣化を完全になくすことは出来ませんが、防ぐ手立てはあります。

下記の写真は弊社が標準使用している屋根馬ですが、表面が溶融亜鉛メッキ処理された製品を採用しています。
yaneuma.new001.jpg

壁面に設置する際使用するサイドベース金具 ボルトはステンレス製
side002.jpg

可動式のサイドベース金具。軒先に合わせて調整できます。共に溶融亜鉛メッキ処理されています。
side001.jpg


溶融亜鉛メッキはその作業工程から「ドブづけ」と称され、主に車の鋼材や建築材料などに多く利用されている防錆、防食効果を目的とした処理方法です。

アンテナは常に風雨に晒されていますので、防錆対策、紫外線照射などによる劣化にも考慮した部材を使用します。

廉価な屋根馬の商品の中には、野外での長期使用にそぐわないものもありますので注意が必要なのですが、残念ながら施工依頼者であるお客様にそれを知るすべがないのが実状です。

だから弊社なら安心ですよ、と揉み手をして営業しているわけではありません。志を高く持った同業他社はたくさんいますので、どうぞ工事料金にだけとらわれず選択眼を持って施工業者を選んで欲しいと思っています。

アンテナはそうそう建て替えるものではありません。今日建立したアンテナは、今後10年20年と屋根の上に建ち続けます。10年20年後に出る答えが決して後悔であってはなりません。



次回は分配と混合についてご紹介します。



地デジアンテナ基本材料  地デジマスター
posted by 地デジマスター at 18:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジマスターのここが違う! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

相模原市で地デジ+BSアンテナ

先日お伺いした相模原市宮下のアンテナ工事案件です。
既存のアンテナを撤去し、新たにデジタル専用として地デジとBS/110度CSアンテナのキャンペーン工事セットでご依頼いただきました。

テレビのご視聴は2箇所のみ、とのことですので、電波受信状況と宅内分配も考慮し、U/BS混合器で様子をみることにします。
122a.jpg



同じく相模原市上鶴間でのご新築施工案件です。
新設で地デジアンテナを建立させていただきました。
1223d.jpg


アンテナの支線の張り方が写真で確認していただけます。
業界関係者がみれば「そこまでする必要あるの?」と思われるかも知れません。
1223c.jpg

2支点×4点張り=8支線+補助支線×4点 1.6mmのステンレス支線で強固に固定されています。
1223.a.jpg




相模原市の地デジアンテナとBSアンテナ   地デジマスター
posted by 地デジマスター at 16:11| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

瀬谷区 / 栄区 でカイト型地デジアンテナ

先日お伺いした工事案件は、2件続けてカイト型を施工することになりました。
最近ブログ上にアップする写真にカイト型の施工例が多いせいか、電話で最初にご依頼いただく内容も「できればカイト型か四角いやつで」、とご指定をいただくことが多々あります。やはり外観を重視される方にとってアンテナの選択肢があるのは有効です。

栄区でのカイト型 施工例その1
仰々しくないコンパクトさが魅力です。

12.16a.jpg


ちなみに破風に固定する際用いるビスやボルト類は全てステンレス製、または溶融亜鉛メッキ処理されたものを使用していますので、過年数を経たあとも茶色のサビが雨に滲んで真っ白な破風板を汚すこともありません。
12.16.b.jpg




瀬谷区でのカイト型 施工例その2
アナログ受信用の既存VHFアンテナには2011年7月までがんばってもらって、その役割を果たしたのちの撤去を容易にするため、別建てで地デジ用UHFアンテナ(カイト型)を塔屋にBSアンテナと共に設置し、ブースター上でアナログ混合させました。

2011年以降、地デジ+BSはそのままに、アナログアンテナだけその姿を消すことになります。
12.001.jpg



よく見ると既存アンテナの屋根馬の腐食が進行しているのがわかります。ペンキ塗装された廉価な屋根馬の怖いところです。

もちろんペンキ塗装が悪いわけでも屋根馬が悪いわけでもありません。
帰納法的に考えると「想像力の欠如」ということになります。
12.002.jpg



瀬谷区/栄区でカイト型地デジアンテナ取り付け 地デジマスター
posted by 地デジマスター at 14:11| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

地デジマスターのここが違う!〈支線リング編〉

今回から少しずつ弊社の基本工事内容をご紹介していきます。

「基本工事内容」というのは、弊社に於ける標準スペックです。
基本ベースこういった部品や材料を使用し、このような設置方法で建立するのが地デジマスターの標準アンテナ工事です、という内訳をご紹介させていただきます。

まずは、アンテナではなく「支線リング(支線止め金具)」と呼ばれる部品からです。

これが弊社で標準使用している支線リングです。リングはアルミダイカスト製、金具はサビなどに強い溶融亜鉛メッキ処理されたものを使用しています。
IMG_0006.jpg


こちら奥にあるのが一般的に使用されることが多い支線リングです。違いがわかりますか?
IMG_0004.jpg


ただ、誤解して欲しくないのは、一般に流通している商品でも十分な強度があり、施工する上でも使用継続する上でも弊害がないことはご留意下さい。

弊社では通常Φ32用のマストを使用していますので、当然支線リングもΦ32対応商品です。屋根馬での支柱の据わりが違います。
IMG_0034.jpg


なぜコストのかかるアルミ製の支線リングやΦ32のマストを使うのかというと、施工マージンを得る為です。
ここで云うマージンとは、いわば”のりしろ”のことです。

余白からは余裕が生まれます。10の力が加わったときにMAXで踏ん張るのか、余裕を残して踏ん張るのか施工後の安心感が生まれます。保険といっても良いかもしれません。

アンテナ工事はスキルが全てで、同じアンテナ同じ材料を使っても、その設置如何によって保持耐久強度も受信の数値さえも変わってきます。本来免許制で階級分けさせていれば、一般消費者にとってもっとアンテナ工事を頼みやすくなるのかも知れません。


次回は「屋根馬」を紹介したいと思います。お楽しみに!





アンテナ材料   地デジマスター
posted by 地デジマスター at 15:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジマスターのここが違う! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

新社屋の空調設備

大田区にある会社の新社屋空調設備です。
3日階建て新社屋全体のパッケージエアコンなどの施工を担当しました。

ビル全体がつや消しブラックで統一されたシャープな外観です。
よって配管を化粧するカバーも全てブラックです。

a005.jpg

a007.jpg


器具付け本番です。配管に巻くテープも全てブラックに統一です。
a004.jpg

紆余曲折を経て夕方になり、設置後の試運転を行っています。
a002.jpg

a001.jpg

a003.jpg


後日室外機の風向板(エアーガーダー)取り付け予定です
a006.jpg


posted by 地デジマスター at 12:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

鶴見区でカイト型地デジ+BS

屋根の破風にコンパクトに設置したカイト型地デジアンテナ+BSです。

ご覧の様に非常に見晴らしがよく、受信の障害になるような建物や森林などの心配も必要ない恵まれた受信環境です。高台につき物の時おり吹き上げる強風にも、このコンパクトさが有効です。
11.20.001.jpg


ご新築でご入居前に施工させていただきましたので、お引越しの当日から地デジとBSを視聴できるようになります。

今回の施工案件は、BSブースターのみ設置しました。地デジとBSを混合させる場合、電波状況により通常UHF/BS対応のブースターを使用しますが、地デジはカイト型にもかかわらずブーストする必要がなく、BSにのみ使用しています。


施工地が鶴見区北寺尾で、遠くにTVKの送信塔が見えます。紅白の鉄塔がひときわ目立ちますね。その延長線上に東京タワーがあり、両塔からデジタル波を受信しています。
11.20.002.jpg



鶴見区で地デジアンテナ工事 地デジマスター
ラベル:カイト型
posted by 地デジマスター at 18:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

戸塚区でUAH800

先日施工をさせていただいた戸塚区のお客様宅ですが、
アンテナがどこについているかわかりますか?
UAH800.001.jpg



正解はこの部分です。
UAH800.002.jpg

DXから発売になったばかりの

UAH800

という平面型のUHFアンテナで、メーカー発表のデータによると20素子相当のアンテナ利得が得られる薄型のアンテナです。

UAH800は弊社でも多数のお問い合わせをいただく商品ですが、残念ながら設置条件が限られるアンテナなので、ご希望通り設置できるケースは稀です。

というのも、平面型アンテナという特性上、高所に設置できない(壁面に設置することが前提になっている)ため受信方位が近隣の建物や樹木などにより遮蔽されてしまうケースが多く、受信の妨げになってしまいます。

UAH800はJEITAのDH(デジタルハイビジョン)マークを取得していますが、電気的性能は「D区分」に分類され、主に強電界地区を対象としたアンテナであることがわかります。また、D区分の条件に『アンテナ素子が樹脂で覆われていること』が含まれていることから、室内アンテナでの使用も考慮されています。

強電界地区とは主に送信塔が見える(またはそれに準じた)エリアを指しますので、地デジの場合東京タワー、あるいは平塚中継局が見える範囲が主なエリアとなります。(※それ以外の小規模中継局も該当します)

20素子相当の利得が得られるとはいえ弱電界での利用は難しく、今回のケースのように戸塚区でも高台で2階のベランダ位置がお隣宅の屋根上で電波を遮るものがない恵まれた受信環境下であればUAH800は設置可能ですが、安定受信のためのブースターによる増幅は必要になります。

ただ設置後の外観は素晴しく、一見してアンテナには見えない地デジアンテナで地上デジタルに対応できたことでお客様には大変喜んでいただけました。

美観的に屋根上の八木式アンテナ(※一般的に見かける魚の骨状のアンテナの名称です)が選択肢から外され、消去法でケーブルテレビにされている方にはぴったりのアンテナです。

家屋の外壁がクロ系だと「浮く」可能性がありますので、設置環境によってはカイト型アンテナの方が景観にマッチする場合もあります。

これからUAH800の設置をご検討されている方の参考になれば幸いです。




UAH800 地デジマスター
ラベル:UAH800
posted by 地デジマスター at 12:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。