2009年12月14日

地デジマスター通信 「オプション・エアコンについて」

本日は以前担当した大手デベロッパーが手がける分譲マンションのエアコン・オプション工事についてご紹介します。

横浜市港南区で販売された分譲マンションですが、こちらのメーカーさんのマンションシリーズは非常に人気があり、某「買ってよかったマンションデベロッパー」ランキングでも常に上位3位以内にランキングされています。

人気があるのは価格帯であったり、保守管理体勢など複合的な要因の結果ですが、その選択基準の中に「商品クオリティ」も含まれています。

この場合の商品クオリティとは、建物の構造的な価値を対象にするものではなく、例えば下駄箱の扉の「チリ」や壁紙の合わせ目、フローリングのマチや傷などの『社内基準値』をどこにおくか?という目線の高さを指します。

厳しくすれば業者が逃げ出す、経費も膨れ上がり納期も遅れる。
ゆるくすれば商品価値が下がり、ブランドイメージに傷が付く。

難しいところです・・・


このメーカーさんは業界的に「非常に厳しい」ことで有名ですが、それは決して悪いことではありません。理不尽に厳しいわけではなく、そこには経験に裏づけされた明確な理由があるからです。

マンションのオプション工事は一度購入者に引き渡された部屋の鍵をお預かりして工事を行うことになりますので、細心の注意が必要です。
傷や汚れはもとより、人が立ち入った形跡さえ払拭してお返ししなくてはなりません。

厳しいのは当然です。
そのための養生や室内に立ち入るためのルールが厳しく設けられています。

敷地内での喫煙や飲食は勿論厳禁で、施工時間の制限や工程のプライオリティなどの指定がある中、エアコンの搬入・設置を行います。

このオプション工事はエアコン×27台、各間取り状況に応じて天井から○○mm、コンセントづらから○○mm、室外機のドレン位置は土間から○○mm、など厳密な数値を施工する8人の仲間で共有し、1日半で仕上げます。

このマンションに於ける全てのエアコンの今後の基準になるので、”このぐらいでいいだろう”は許されません。「楽で早いがそこそこ」か「面倒で時間がかかるがそこそこより上」なら後者を選びます。

経験則として、結果的にプラスになることを知っているからです。

ビシッと完成させるための段取りを頭の中でシュミレーションしたつもりが、その中に「写真をとること」は含まれていなかったので、この日デジカメを忘れてしまいました。ケータイのカメラで撮ったので、画質が粗く見にくいことをお許し下さい。


・標準的なLDのエアコン:今回はパナソニックのお掃除ロボット
AC04.jpg


・ベランダ室外機:スリーブの中は耐火パテで密閉されています
AC05.jpg


・マルチエアコン:BOXの中で隣からの配管が合流しています
AC03.jpg


・複雑な経路で合流するエアコン:一部屋またいだ先が・・・
AC01.jpg


・・・この点検口の中で合流し、梁下に抜けます
AC02.jpg


・隣の部屋の隠蔽配管用点検口を避けて設置
AC08.jpg


・共用廊下部に設置された室外機
AC06.jpg


ここから別の分譲マンションです。
鎌倉市内の財閥系ディベロッパーが手がける案件で、棟内モデルルームとオプションのエアコンを担当しました。

・棟内モデルルームのLD、暗いので丸で囲ってみました
kamakura001.jpg


・別タイプのモデルLD、右がロフトになっています
kamakura003.jpg

・別タイプのリビング、こちらはオプション
kamakura007.jpg


・室外機を接続し、真空引きを行うところです。
kamakura002.jpg


・塩ビドレンとエアカットバルブも設置します。
kamakura005.jpg


・室外機外観
kamakura006.jpg


こういった外観上の仕上がりだけでなく、いつどこを見られても恥ずかしくないクオリティを保つことで、購入されたお客様の満足度向上に寄与していると自負しています。
posted by 地デジマスター at 15:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

八王子市内アパート共聴工事

障害用ケーブル(アナログ)が供給されている2階建てアパートの地デジ共聴工事になります。

11.28.001.jpg


2011年7月24日正午のアナログ放送完全停波までは問題なくアナログも視聴できますので、新設の地デジアンテナのデジタル波と混合し、両波を併用視聴できるようにします。

11.28.004.jpg

タイミングよく八王子のデジタル中継局が10/1に開局になりましたので、受信方位を「ひよどり山」に設定します。感度良好です。

11.28.002.jpg


雲ひとつない青空が爽やかですが、実際はものすごく寒いです。

11.28.003.jpg



共聴アンテナ   地デジマスター
ラベル:アパート共聴
posted by 地デジマスター at 17:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶴見区で地デジとBSアンテナ取り付け

鶴見区での地デジ+BSの施行例です。

完全デジタル化が完了し、アナログ用アンテナは不要とのことで、既存アンテナ撤去、新規で地デジ+BSキャンペーンセットの設置を行いました。

2009.11.15.002.jpg

2009.11.22.001.jpg



お客様の要望でサージプロテクター(保安器)の設置も行っています。万全です。





鶴見区での地デジアンテナ    地デジマスター
posted by 地デジマスター at 16:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川区でパラスタックアンテナ

今回はパラスタックと呼ばれるアンテナを設置した施行例です。

神奈川区栗田谷での工事でしたが、近隣はみな一様にランドマークの反射波を拾う設定をしているようです。

設置予定のお客様宅は運よく東京タワーからダイレクトに受信できそうなので、まず通常通り仮設置してみたところ、何チャンネルかのMER数値が思わしくありません。

環境の変化に影響を受けやすい反射波を取るより、規定数値を得ることができれば東京タワーからの地デジ波を受信する方がリスクを回避できるので、通常使用することが少ないパラスタックアンテナを使用し、高さを3.6mに設定してみました。

11.16.001.jpg



今回使用したアンテナは特定の周波数帯域に特化したアンテナですので、使い方次第で効力を発揮することも、受信バランスを損なうこともあります。通常使用のUHFアンテナと比べ、大きく重く威圧的ですらありますので、設置の仕方や支線補強にも注意が必要です。

11.16.002.jpg

3支点×4方向の12点張りで支線補強を行います。

11.16.003.jpg


予想通りエラーフリーとなり、「地デジ+BSキャンペーンセット」のBSと共にブースターを通して安定受信となりました。









神奈川区でのアンテナ工事     地デジマスター
ラベル:パラスタック
posted by 地デジマスター at 15:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

幸区でカイト型地デジアンテナ

先日施工した幸区でのアンテナ工事になります。

お客様は、まず優先順位として「美観的に耐えうる事」が条件でした。
外観的に「あれはダメだけどこれならOK」というふうに、具体的なイメージを持たれていたので、非常に助かりました。

2009.11.13.001.jpg



ご覧の様にスクエアな建物なので、同色のスクエアなカイト型アンテナが外観的にもマッチして喜んでいただけました。

2011.11.13.002.jpg


こちらは3階建て構造なので、アンテナ設置位置が通常の屋根上に相当します。同じ条件で2階建てですと、近隣の家屋が障害となり、受信は出来なかったと思います。





幸区幸町の地デジ工事     地デジマスター
posted by 地デジマスター at 16:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

相模原市宮下でのアンテナ工事

今日はアンテナの設置方法についてご紹介させて頂きます。

下記に掲載したのは弊社で行った新設アンテナ設置案件ですが、
やけに支線(固定用のステンレスワイヤー)があちこちに張り巡らされていると思いませんか?

2009.11.14.001.jpg



実はこの上にアナログ用のVHFアンテナがあって、受信レベルの関係で高所に設置されているのですが、2011年7月のアナログ放送終了後、不要になったアナログアンテナを撤去することを前提に建立しています。
そのために「3支点、12点張り+補助支線×8箇所」で支線保持されています。回し蹴りを入れたとしてもびくともしません。

2009.11.14.002.jpg




「なんだ、普通に撤去すればいいじゃん」

と思われるかも知れませんが、
通常、手が届かない高さに設置されているアンテナの一部を撤去、あるいは交換する場合、一度アンテナ支柱本体を倒し、一部を撤去(または交換)したのち、アンテナを建て直す作業が必要になります。

当然支線を張り直し、方向調整を行い、各所を点検する作業が不可欠で、その時間と作業コストが少なからず発生します。そこが安価に提供できない理由でもあります。


この事例は
「届かないなら、届くところで不要部分だけカットできないか」
が発端でスタートし、いくつかの条件をクリアして施工できた一例ですので、全ての案件に対応できるわけではありません。

クリアした条件とは?

1) 非常にゆるい勾配の屋根で、脚立が容易に立てられること。
2) 地デジは中間位置で十分な受信レベルを捕捉できていること。
3) 自社で新設建立しているので、保持強度に信頼がもてること。
4) 施主様と相談の上、同意が得られたこと。

などが挙げられます。

地デジアンテナが中間位置にあるといっても1.8メートル以上の高さですので、手が届きはしても作業ができません。撤去時には脚立が必要になります。

アナログ用の同軸ケーブルと最上部の支線を外し、地デジアンテナの上でゆっくり支柱をカットすれば、あとは地デジアンテナのみが設置された2メートルほどのアンテナが完成します。

2011年夏の終わりには、下記のようにすっきりコンパクトな状態になる予定です。

2009.11.14.003.jpg






相模原のアンテナ工事  地デジマスター
posted by 地デジマスター at 18:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

地デジマスター通信 

この仕事をしていて良かったと思うことが3つあります。


まず、「ありがとう」を言ってもらえる仕事であること。

お客様と直接接する機会が多いせいもありますが、少なからず人の役に立っていることが実感できる瞬間です。

アンテナ工事はお客様のプライベートな空間にお邪魔しての作業になりますので、細心の注意を払っているのですが、「ありがとう」がその緊張を解き放してくれます。


それから、多くの経験とやりがいをもたらしてくれること。

ご存知の通りアンテナはその場所・環境・用途によって幾つもの組み合わせがあります。
お客様のお宅一軒ごとに最適な設置場所を測定値から導き出し、要望を承りながらアンテナを選択し、時には高く、時には垂直に受信方位を調整し、セッティングを行います。

アンテナはオーバースペックでもロースペックでもダメです。
受信住環境とデジタルチェッカーの数値から、最適な機材をチョイスする選択眼は経験からしか得ることができません。

弊社の技術者は30代40代が中心の経験豊富な逸材揃いですが、日々の経験から得られる引き出しの中身(スキル)は決して一杯になることはありません。「毎日が勉強」というのもおこがましいですが、日々の積み重ねが臨機応変に対応できる柔軟さと自信につながっていきます。


そして3番目はお金です。

「好きなことをして感謝され、報酬を得ることができる」

こうして文章にしてみると・・・なんだか幸せな気分になってきます。

「感謝」を翻訳すると「Thanks」だって知ってました?
非常にシンプルでありふれた言葉である分軽視しがちですが、感謝を持たないものに感謝は巡って来ません。

今日も皆さんに感謝しつつ、明日も頑張ります!


chidemas005.jpg





地デジアンテナ工事の地デジマスター
ラベル:感謝
posted by 地デジマスター at 16:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

地デジの「dボタン」って何?

デジタル対応テレビのリモコンには「d」ボタンというアナログテレビには無かったボタンが必ず付いていますが、この「d」ボタンとは何ぞや?というのが本日のテーマです。

「d」ボタンを押すと番組と連動したデータ放送が表示されますが、データ放送は3つに分類することが出来ます。

【データ放送の種類】

1:番組連動データ放送
現在放送中の番組についての情報(店舗情報や試合の進行状況など)がリアルタイムで更新されていきます。放送内容のおさらいや、料理番組のレシピが便利。

2:双方向通信
番組内で行われているクイズに参加したり、テレビショッピングを画面上で申し込んだり出来るサービス。電話、またはLANに接続する必要があります。

3:独立データ放送
天気予報や商品広告などを表示するサービス。


テレビの番組を見ながら同時進行で情報が得られ、地域を指定しておけばピンポイントな天気予報が随時更新されていくので、朝のあわただしい時間にテレビ番組と最新のニュース、天気情報を一度に得ることができます。

天気予報はNHKがお薦め!
更新頻度が高く、現況は10分ごとに変化します。ニュースも随時更新され、表示項目も多い。地域ごとの夜間休日医療を調べることもできる秀逸さ。
NHK総合1
nhk-data.jpg


料理レシピの利用価値は想像以上!
今まで急いでメモしていた料理レシピが、ボタンひとつで常時表示されるので安心して番組に集中できます。
NHK教育2
nhk-3data.jpg


タブ表示デザインで見やすい日テレ
「駅探サービス」では各路線の時刻表や、MY時刻表を表示させることも出来ます。
日本テレビ4
ntv-data.jpg


ボタンの色に連動して使い勝手がいいテレ朝
青ボタンでニュース、赤ボタンで天気予報など、視覚的な利便性に優れています。
テレビ朝日5
asahi-data.jpg

天気予報が見やすいTBS
TBS6
tbs-data.jpg

株価の値動きならテレ東
テレビ東京7
tokyo-data.jpg


交通情報に強いフジ
フジテレビ8
huji-data.jpg


データ放送といえばBSハイビジョン
プログラムの充実度からいえばナンバーワン!LAN接続で「NHKデータオンライン」のゲームが楽しめます。
BShi衛星3
bshi-data.jpg


TVK
tvk-data.jpg


東京MX
mx-data.jpg


放送大学
universityofbroadcasting.jpg


番組表表示の違い
sony-program.jpg

pioneer-program.jpg


知ってるようで知らなかったdボタンの中身についておさらいしてみました。

ちなみにTBS「オールスター感謝祭」のクイズに双方向データで参加すると、自分の回答順位が画面に表示されます。
自分もひな壇に座って参加しているような気分になりますよ。是非試してくださいね。




デジタル放送 地デジマスター
posted by 地デジマスター at 13:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

町田でパッケージエアコン

普段はアンテナ工事の施工例写真や、地デジに関する最新の情報などを掲載しておりますが、今回は弊社の空調部門の写真を紹介します。

今回は、東京都町田市に新規オープンする店舗のパッケージ型エアコンです。
天井カセット型×2台、厨房用天吊り型×1台、休憩室用セパレートエアコン×2台の構成です。

事前に冷媒管とドレン用塩ビ管を隠蔽し、室内機も吊り込み済みなので、今回はフェイスの取り付けと、厨房エアコンの取り付け、外部配管の溶接などを行います。

天カセのフェイス取り付け前
mati1.jpg

耐油型ステンレス製、厨房用天吊りエアコン
mati2.jpg

天カセフェイス取り付け中
mati3.jpg

外部はこの状態で土間打ちを待ちます。コンクリートが乾いたら室外機を設置します。
mati4.jpg


土間打ちから一週間後、室外機設置完成です。
mati013.jpg

真空引きも終わり、試運転作業を行っています。
mati012.jpg


お店がオープンしたら皆で行こう!と楽しみにしているのですが、
おしゃれなお店なのでちょっと・・・躊躇しています。


町田施工例 地デジマスター
ラベル:エアコン
posted by 地デジマスター at 15:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

金沢区能見台でカイト式

先日施工した地デジ用のカイト式アンテナ施工例です。

2009.10.001.jpg

2009.10.002.jpg


「アンテナらしくない」形状で非常にコンパクトなので、電波状況さえよければお薦めですが、基本的に「強電界地域用」のアンテナになりますので設置条件が限られます。

横浜市金沢区能見台での工事でしたが、ご依頼いただいた対象物件が3階建てで、近隣に障害物もなく電波状況もMERが良好だったので、カイト式を設置することができました。

「強〜中電界地域」でも使用可能な20素子相当の利得を得ることができる平面型地デジ用アンテナも発売になりましたので、今後はデザインで選ぶことも選択肢のひとつになるかも知れませんね。



平面型地デジアンテナUAH800
http://www.dxantenna.co.jp/product/contents/52.html


地デジアンテナをデザインで選ぶ   地デジマスター
posted by 地デジマスター at 15:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地デジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。